読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shinjuku.rb #26 に参加してきました

何年かぶりに再開された Shinjuku.rb に参加してきました。

Shinjuku.rb の思い出

今、社会人4年経ったのですが、1年目にAimingのみなさんにいろいろ教えてもらったなー。そこでShinjuku.rbを開催していて何回か遊びにいってました。当時参加していたときは、参加者でペアを組んで、お題に対してひとつのマシン・ひとつのスクリーンで交代でペアプロしながら実装していくっていう感じで、全くRuby書けないのに前でて冷や汗かきながら実装したのを覚えています。もちろん、テストも当たり前のように書くし、TDDだし、まわりからいろいろ突っ込まれる。今思うと、初心者ながらよく耐えれたな・・・と思います。

特に、Shinjuku.rb を主催されていた西川さん(@shishi4tw)には、「エンジニアとは何か」という姿勢の話や、技術的な話、キャリアの話など相談にのってもらってたなー。「文系出身でエンジニアってうまくやってけるんですか」「どうやったら技術的に伸びますか」みたいな話の相談のってもらってたな・・・。いろんな話を覚えているのですが、今でも書籍を買おうとしたときは必ず西川さんの「書籍の自己投資すらケチるやつはダメ」って言葉が浮かんできます。その言葉を聞いて以降、ちょっとお金がきつくても本だけはケチらずに買おう、読もう!とやってこれました。まだまだ読書量は少ないですが、それなりに読む習慣がついたかなと思います。

今回の Shinjuku.rb #26 について

今回の Shinjuku.rb についてですが、参加者も20名弱(?)で、LTも5本(?)くらいあってすごく楽しかったです。主催の方が「ゆるくいきましょ」って言ってくれてたので、リラックスした会になったのではないかなと思います。ふりかえりのKPTもいろいろ改善案がでてて次回も楽しみです。

Rubyコミュニティにもっと触れようと思った

普段、Rubyのイベントに全く行かないのですが、Rubyのコミュニティってやっぱすごいですね。テスト・CIとか当たり前の文化で。PHPだと「テスト書いてますか?」って話したら7割くらいあんまり書いてない、書いてるけどちょっと、って話になるような肌感。いろいろRuby界隈のコミュニティにも参加して勉強したいなーと思いました。

では/